カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

コーヒー豆の真空包装について



真空包装の理由


キャラバンサライは1980年自家焙煎のコーヒー店として創業しました。当時はまだ一般家庭で日常的にコーヒーを飲む習慣があまりなく家庭用のコーヒーといえばインスタントかスーパーの袋入りを買い求めするしかない頃でした。
コーヒー好きなお客様が新鮮なコーヒー豆を求めて専門店に来店されるということが時代とともに増えてきましたが、近くに自家焙煎のお店がないことから遠くから当店にいらっしゃるお客様は、1ヶ月に1度程度しか来店できないという方も多く、そんなお客様に何とか鮮度を保つ方法でお渡しすることはできないものかと考え、小分け真空包装が始まりました。
現在では、通信販売やインターネットを通じて全国のお客様に当店のコーヒー豆をお届けしておりますが、この方法は今でもキャラバンサライの特別なシステムとしてなくてはならない包装方法となっています。


真空包装の理由


鮮度を保つためには低温で、湿気を通さず酸化を抑えるために空気に触れない容器に入れる必要があります。 お買い上げのお客様には100gずつ小分け袋で真空パックする事で空気を遮断してお届けしますが、すぐにご使用にならないものはそのまま冷蔵庫や冷凍庫で保存いただくことをおすすめしています。
そうすること(低温&遮光)でガスの発生を抑えられ、常温保存の約3倍以上の鮮度管理が可能となります。
また、封を切った使いかけの豆は、密封容器に入れ替えるか、そのままぴっちりと口を折り曲げてゴム等で止めるかし、冷蔵庫または冷凍庫に入れていただくことをおすすめします。
高温・湿気・日光の3要素から守ることが、大切です。



真空包装の理由



店頭販売でも地方発送でも真空パック包装にしてお届け致しておりますが、
まれに真空がゆるんだような状態の袋があり、「真空が不完全なのでは?」
「なぜ膨らんでいるのか?」というお声をいただくことがあります。

〜 ガスが発生するのは、"新鮮さ"の証 〜
 キャラバンサライでは焙煎後1週間以内の新鮮なコーヒー豆を販売しております。
 新鮮なコーヒー豆からはガスが発生しておりますので、真空パックをし
 脱酸素剤を入れてもまれに真空がゆるんだような状態になる場合がございます。

真空袋の膨らみ具合画像

真空袋の膨らみ具合画像

※ 同じ焙煎日、同銘柄の豆を同じ環境で同時間放置したものです。
※コーヒー豆の銘柄、挽き具合、保存環境によって膨らみ具合は異なります。


 また、密封に関してですが、静電気などの影響でコーヒー粉が袋の内側に付着するなどし
 密封が不十分なものがございます。(コーヒー袋全体の3〜5%ほど)
 もちろん、保存には影響のない程度ですが、そのためにゆるんだように
 なってしまう場合もございます。

 このような状態の豆は少なからずもございますが、
 コーヒー豆の品質上は全く問題ございません。
 もし発送させて頂いた商品の中にそういうものがございましたら
 ゆるんだ状態のものを先にお使い頂く様、お願いいたします。
 保存の際はそのままで、もしくは密閉容器に移し替えて冷蔵庫/冷凍庫で保存して下さい。



〜 コーヒーミルのすすめ〜

 上記の写真を見て頂いてもお分かりのように、"粉の状態" より "豆のまま" の方が
 ガスの発生が少なく保存には適していることから、キャラバンサライでは
 豆のままご購入頂き、コーヒーを淹れる度にミルで挽くことをおすすめしております。
  →おすすめのコーヒーミルはこちら



☆以上のことを参考にしていただき、コーヒータイムをより美味しく楽しんでいただければと思います。

ページトップへ